株式会社 事務機のサカモト|オフィスマシン|ファニチャー|ICTソリューション|社内ネットワーク|測量機器|防犯システム|兵庫県豊岡市

 

サカモトぶっちゃけブログ

 
フォーム
 
連休明けは要注意 ~大量の迷惑メール~
2022-05-16
みなさま、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか。
 
新型コロナウイルスが流行してから3年ぶりに、行動制限のない連休でした。
久しぶりに、我慢していたお出かけを楽しんだ、という方も多いのでは。
しかし、楽しかった長いお休みもあっという間。
またいつもの生活に戻り、現実に引き戻されます。
 
連休明け、最初に困るのが、大量の迷惑メール。
その中には、大事なメールもあるわけで、
片っ端から消してしまいたいけれど、むやみに消すこともできず、困ります。
 
とにかく、迷惑メールを受信したら、次のことに気をつけましょう。
 
 ① 迷惑メールを開封しない
 ② 迷惑メールに添付されたファイルを開かない
 ③ 迷惑メール内に記載されているURLにアクセスしない
 ④ 迷惑メールに返信しない
 ⑤ 迷惑メールの指示に従わない
 
有名企業や金融機関の名前を偽って、
「○○に関する重要なお知らせ」などの業務関連のタイトルや、
「期限が迫っています」「未払金があります」などの緊急的なタイトルに、
うっかりアクセスしようものなら、相手の思う壺です。
 
いつも思うことなのですが、
「悪いことに頭を使う“頭のいい人”」が増えるのは、悲しいなぁ・・・
 
 
 
 (A.H)
 
 
選択の日々
2022-01-14
年末年始の休暇中、DVDを大量にレンタルして、
観たかった映画をイッキ見しておりました。
 
「フォルトゥナの瞳」という邦画の、劇中のセリフに、
「人は朝起きてから夜寝るまで9,000回何かを選択している」とありました。
実際のところは、 9,000回どころか、35,000回以上ともいわれています。
 
確かに、
朝、ジリリと目覚ましが鳴った瞬間から、
「起きるか、もう少し寝るか」 に始まって、
「顔を洗うか、トイレに行くか」
「パンにするか、ご飯にするか」 ・・・と、キリがなく。
 
会社に行ってからも、
仕事中、たくさんの選択を迫られ、決定しています。
 
そして、
人の脳は、決定できる回数に、それぞれ上限があるそうです。
上限を超えると、ストレスがたまり、
ストレスにより「ヤケ」を起こし、
やがて、冷静な判断ができなくなります。
 
 
選択回数を減らし、脳に余計なストレスを与えないために
有効な手段としてあげられているのが、「マニュアル」。
あらかじめパターンを決めてあれば、
それに沿って行動することで、選択する必要がなくなります。
 
 
私生活でいうと、
「朝食のメニューは、月水金はパン、火木土はご飯」
「まず、トイレに行ってから顔を洗う」 など。
「マニュアル」というか、「ルーティーン」。
「制服」は、着ていく服を選択しないための有効なアイテムです。
サカモトの事務員は、制服が支給されています。
これは本当に、ありがたい!
 
 
仕事においても、
「○○の場合は○○を行う」
「□□に関しては□□課長が担当」
「△△については、毎月△日に決定する」 など。
マニュアル化は、とても有効な手段です。
 
 
あらかじめ「決定」されているのは、「選ぶ自由がない」とされ、
物事によっては「面白くない」かもしれませんが、
反面、「決定」する必要がなくなることで、
ストレス軽減、時間短縮、トラブル回避など、とても役に立ちます。
 
また、「マニュアル化するための選択」が過度になると、
ますますストレスにもなりかねますが。
 
 
「理屈じゃわかっているけど・・・」と、現状維持を保ってしまわず、
身近で些細なことから、
気付き、分析し、マニュアル化する“癖”をつけていこう!
 
以上、新しい年の意気込みを綴らせていただきました。
 
 
 
 
 (A.H)
 
 
 
なにもかも値上げ・・・財布も凍る冬に
2021-11-08
緊急事態宣言が解除され、コロナ感染状況が落ち着きを見せています。
ところが、
経済におけるコロナ禍はまだまだ終わりが見えず。
 
振り返ってみれば、
東南アジアのロックダウンに伴う工場稼働停止による品不足。
中国の製造量減少によるコンテナ不足と、海上輸送費の高騰。
石油ショック。ウッドショック。アイアンショック。ミートショック。
 
・・・まったく穏やかではありません。
 
10月1日、小麦やマーガリンなど食料品が値上がりしました。
10月20日、WTI原油先物価格は7年ぶり1バレル=84ドルの高値をつけました。
原油高騰による電気料金の引き上げや燃料費の上昇が止まりません。
 
これから冬を迎える日本にとって、状況は厳しくなる一方です。
 
弊社で扱う商品も例外ではありません。
素材各社が、製品の値上げを相次いで発表しています。
そして、半導体不足によるOA機器等の納期遅延。
 
モノは入らない、価格は上がる。
 
ご贔屓にしていただいているお客様に影響するのが、
本当に、何ともお詫びのしようがありません。
 
仕事をしていても、
仕事帰りに、スーパーで買い物をしていても、
なにもかも値上がり、値上がりで、ため息ばかりです。
 
 
値段を見ては買い控えたあげく、
スーパーの店内を一周した後、
カゴの中には、なにひとつ物が入っていなかった・・・なんてこと、
私だけでしょうか?
 
 
 
(A.H) 
 
 
 
必ず起きる「想定外のこと」
2021-07-16
2020年1月14日、
WHOが新型コロナウイルスを確認してから、1年半が過ぎました。
あまりにも急な出来事に思考も追いつかぬうち、
世の中のいろいろなことが激変しました。
こんなことは、もうこりごりです。
しかし、
これから先、もう二度と、こんなことは起こらないと言いきれるでしょうか。
 
例えば、災害。
毎年必ず、どこかで被災のニュースを耳にします。
インタビューを受ける人の多くが、
「こんなことは、生まれて初めて」
「今までこんな目に遭ったことなかったのに」と。
 
「いざというとき」のために
「想定外のこと」をイメージし備えることができればベストですが、
「まさかこんなことが起きるなんて」というのが、想定外。
被災したと仮定して、できるかぎり十分な準備や心構えをしたいものです。
 
災害は、いつ、どこで、どんな状況で発生するか分かりません。
寝ているときかも?
通勤中かも?
遠方に旅行中かも?
 
例えば、健康で体力のある成人男性ならまだしも、
持病や基礎疾患を持っていたり、
体力のない高齢者や子供だったり、
育児中の方、介護中の方であれば、心配事は尽きません。
 
私も、喘息持ちだったり腰痛持ちだったりするので、
もしも、何も手に持たず被災した場合、
苦労するのは目に見えています。
 
 
事務機のサカモトは、
昨年7月、会議室の模様替え時、災害用備蓄備品を備えました。
ちょうど1年経とうとする今、
わが社の「防災の日」を決め、
災害用備蓄備品の確認および入替えや、
緊急時用社内メールのテストメール送信などを
年に一度、実施しては、と要望しました。
 
「いつかやろう」では、結局できないのが世の常です。
 
〝わが社の「防災の日」〟を設けておられるところは多いのでしょうか?
 
 
 
 
  
(A.H)
 
 
 
笑顔の力
2020-07-06
熊本県で7月4日未明から降り続いた大雨の影響で、
土砂崩れが発生、一級河川の球磨川が氾濫、多くの方が被災されました。
 
私は、16年前の、あの台風23号のことを思い出さずにはいられませんでした。
 
言葉にならない現実を目の当たりにし、
その後始末に追われ、心も体も疲れ果て・・・
これは、経験した者にしか分からないこと。
 
 
昨日、テレビのニュースで、
熊本県で被災した、あるご夫婦の様子が映されていました。
連絡の取れなくなった夫を探す妻のもとに、
無事、避難していると連絡が入り、
ようやく再会を果たすまでの一部始終でした。
 
インタビュアーに、親戚の家に避難していたと言い、
「命からがら逃げてきました」と答える夫。
 
次に、夫の口から、こんな言葉が出てきました。
「まあ、仕方ないですね」
 
その人は、笑っていました。
 
夫が生きていたことを確認できた妻も、
夫の隣で、笑っていました。
 
テレビ越しに、私も思わず笑っていました。
なんだか、元気をもらった気持ちになりました。
 
どうして、こんな状況の中で、
この一組のご夫婦は、笑顔でいられるのでしょう。
 
連れ合いが生きていた、よかった!と、
それだけで気持ちが明るくなったのは言うまでもなく、
そこから、生きる希望が湧き、ふっと笑顔になれたのでは、と思いました。
 
 
コロナの次は、水害。
三密を避けたい避難所が収容人数を減らすため、
キャパシティー超えで、避難所運営は困難を極めると予想されています。
 
笑顔の力が、どこまで通用するか分かりませんが、
どうか、生きることを、諦めないでほしいと願います。
その先には、頑張ったご褒美が待っているはず。
 
 
  
(A.H)
 
 
 
 
244685
201302151341399947.png
携帯サイトのブックマークはこちら

<<株式会社 事務機のサカモト>> 〒668-0055 兵庫県豊岡市昭和町2番56号 TEL:0796-22-5616 FAX:0796-24-3975