サカモトぶっちゃけブログ

 
フォーム
 
はきものをそろえる
2019-10-07
ある日、中学生の娘が学校で配布された学年だよりに、
「靴(はきもの)を揃える」と題し、次の文章があった。
 
 
   哲学者の森信三氏は、
   次の3つだけを9歳までに身につければ、しつけは「すべて」だという。
   
   「しつけの三原則」
   1.朝の挨拶を自分からする
   2.名前を呼ばれたら「はい」と返事する
   3.席を立ったら椅子をしまい、靴を脱いだら揃える
   
   こんなことでしつけが出来るなら苦労はない・・・と思うだろう。
   しかし、この中でも、3つ目の「靴を脱いだら揃える」は、
   特に重要で必須項目である。
   世間ではよく知られていることだが、たった3秒で相手が分かる方法、
   それも、だいたい8割~9割2分は当たっている方法、それは、
   「脱いだ靴を揃えているか、いないか」を見ること。
   
   靴を揃えることに全く意識がない人は、心が乱れているといえ、
   これはほぼ事実。
   さらに、自分の靴だけでなく、他の人の靴も揃えるような人は、
   心の状態がほぼ完ぺきな人だともいえる。
   また、靴のかかとを踏んだまま履いて歩くなどは論外の話。
   
   昔から「靴を揃えると成功する」といわれている。
   その理由は、
   一つ一つのことに、まずはケジメをつける習慣が身につくから。
        (中略)
   靴を揃える習慣が身につくことで、徐々に心も揃っていくので、
   否が応にも成功へと導いてくれることになる。
   これは、何回かの一回、靴を揃えたかどうかの話ではなく、
   常に自分のものとして習慣づけられていて、の話。
 
  
・・・うん、なるほど。
 
わが家の玄関でも、
次女の靴が横を向いていることがある。
私は、娘に、「神様がちゃんと見ているよ」と言って、揃えておく。
 
この「しつけの三原則」は、
決して、子供だけに向けたことではなく
わたしたち社会人にとっても同じことがいえるだろう。
靴の乱れと、人材のレベルは比例するらしい。
 
しかも、
大人になると知恵がついてしまって、
他人が見ている時や、注意されそうな時だけ、靴を揃える人がいたりする。
他人は納得してくれるかもしれない。
さて、自分自身はどうだろう?
 
私は、娘たちに気付いてほしい。
その場しのぎで靴を揃えるとき、本当は、
「一番見られたくない人」に見られていることに。
 
それは、「自分」。
他人の前だけちゃんとしていても、自分はそのことを一番よく知っている。
他人に嘘をついたりダマしたりできても、自分自身に嘘はつけない。
 
まずは、自分の靴を揃えてみよう。
席を立ったら椅子をしまおう。
服を脱いだら片付けよう。
 
 
ほかの誰の目に触れていなくても。
 
 
(A.H)
 
 
「ざんねんないきもの事典」
2019-07-04
「ざんねんないきもの事典」は、
「小学生が選ぶ!“こどもの本”総選挙」で1位を獲得し、
シリーズ累計300万部を突破した、
まさに今、最強の本です。
 
「リスはほお袋で食べ物がくさって病気になる」
「オシドリの夫婦はじつは毎年相手が違う」
「マカロニペンギンは最初にうんだ卵を育てない」
 
一生懸命なのに、どこか残念な進化を遂げてしまった生き物たち。
 
そして、
ヒト(人間)も、ざんねんなところがいっぱい!
 
体毛がほぼなく寒さに弱いし、脳は熱に弱い。
頭でっかちなうえに、二本足で立つからバランス悪いし、
視力に頼りすぎて、聴力や嗅覚が鈍い。
 
そんな、ざんねんだらけの人間が、
なぜ今まで生きてこられたのか。
それは、
長い歴史の中で、「進化」し続けた結果。
 
「進化」というのは、
その個体が生きている間に変化した、というのは間違いで、
環境に適応したものが生き残っていった、という考えが正しい。
 
「蛾(ガ)」で例えるなら、
白い色をした蛾は、目立って天敵のエサになり滅びてしまうが、
黒い色をした蛾は、敵に見つかりにくく生き残った、というワケ。
 
「ヒト」で例えるなら、
二足歩行を始めた猿人が、敵や獲物を早く見つけられ、
自由になった両手で道具を使い、生き残った、というワケ。
 
環境に合った体や能力に適応したものだけが生き残れた、というのなら、
それは、企業や組織、また個人においても、同じことだと感じます。
 
目まぐるしく変化する環境に、
うまく乗っかっていけるものは生き残り、
そうでないものは生き残れない、それが現実です。
 
何を続け、
何を残し、
何を捨て、
何を変えるのか。
 
世の中の大きなうねりに上手く乗り、
何なら勝てるのか、どこなら生き残れるか。
 
模索して、試して、探して、もがいて・・・
 
それはきっと、
すべて意味があると信じたいのです。
 
 
(A.H)
 
 
学校じゃ教えてくれない。
2019-05-05
世の中、知らないと損ばかりな気がします。
今の日本の義務教育では、
「お金のこと」を学ぶ機会は、ほぼ皆無です。
 
親として、わが子に教えておきたい「お金のこと」、
例えば、・・・
「お金は返って来なくても諦めがつく額しか貸さないこと」
「決して安易に保証人になってはいけない」
・・・などなど。
学校じゃ教えてくれない、です。
 
大人になっても、同じこと。
節税、年末調整、補助金・・・
知って、そして自分が損したことに気付く、みたいな。
 
先日も、長女の、
部活用のグローブと、夏用の制服を買いに行った日、
「あ、あの店の割引ハガキが来てたっけ♪」
「ゲッ、一週間前に期限切れてる・・・(涙)」
・・・なんて事がありました。
 
こんなことは、日常茶飯事。
 
得してるな~と感じることも、たまにあって、
4月生まれの私は、
いつも、入学式や卒業式、季節の変わり目などで、
衣類をクリーニングに出すタイミングに、
誕生日の割引ハガキがやってくる、というお得感。(小さッ)
 
日本に数多く存在する、節税や補助金など、
お金で得する話というのは、
ほとんどが、知っている人だけが得するようになっています。
 
知らない人や、知ろうとしない人に
いちいち、丁寧に教えてなんてくれないのが、今の日本です。
 
とにかく、アンテナは高く張っておくべき。
分からないときは、恥を忍んで、周りに聞くべき。
期限がつきものだから、注意を払って潔く利用すべき。
 
私の日常での、心のつぶやき
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「それ、先に教えてくれよぉ~ッ!」
 
 
(A.H)
 
 
「何を食べるか」より「誰と食べるか」
2018-08-13
「何を食べるかではない、誰と食べるかが重要だ」
 
私は、若い頃から、
一人で外食することが苦手です。
ほとんどしたことがありません。
 
今思えば、それはきっと、
美味しい料理も、おいしいお酒も、
一人で外食しても「楽しい」と感じないから。
 
そこには、誰かが一緒にいて、
料理のことや、他のいろいろなことを話しながら、
飲んだり食べたりすることが、食事の楽しさと思うから。
 
料理には、思い出があり、
その料理を食べると、思い出す光景や人の顔があったりします。
 
近くに住む母の得意料理を食べると、
実家で食べた思い出がよみがえります。
 
私の主人は、調理師で、
食事をしながら料理番組を見て、
「あ~あれ食べたいなぁ、美味しそうだなぁ」と口に出すほど、
食べることが本当に大好きな人です。
 
しょっちゅう食事の支度をしてくれますが、
面倒くさがらずに、付け合わせとか彩りとか、
考えて作ってくれます。
 
娘たちは、「母の味」「父の味」と両方の味を
ふるさとの味として覚えてくれるでしょうが、
どちらにせよ、
家族で食卓を囲んだ日々の記憶も、
どうか、大人になっても、
忘れないでいてほしいと思います。
 
(A.H)
 
 
あとがきを読んで
2018-08-10
小学校の夏休みの宿題「読書感想文」のために、
娘たちが選んだ本を、私も読みました。
 
下の娘が選んだのは『ママはお医者さん』。
その本のあとがきに、
「どんな人がお医者さんに向いている?」とありました。
 
大学医学部のへの入学試験では、
「この人は本気でお医者さんになる気持ちがあるか」を
確かめる面接が取り入れられているそうです。
 
学力が高いだけでは いい医者になれない、
患者の助けになりたいという
思いやり・深い気持ちを持つ人は
患者に愛される いい医者に成長する、といわれるそうです。
 
『ママはお医者さん』に登場する内科医の先生は、
患者の話を根気よく丁寧に聞き、
いろいろ細かく、痛みや症状を尋ねていました。
それに答えるうちに、患者の気持ちが落ち着くこともあり・・・
 
「病院に来たらよくなった」という話をよく聞きますが、
私も、その経験者の一人です。
 
患者の不安に耳を傾け、他人を思いやる心が、
医者には必要とありました。
 
しかし、これは、医者に限った話ではなく、
多かれ少なかれ、
どんな仕事に就いたとしても必要なことと感じます。
知識ばかりが豊富でも、
社会人としてうまくいかないことが多いものです。
 
サカモトで働く者として、
「お役に立ちたい」
「喜んでいただきたい」という心を常に持ち、
そのために知識を高め、
お客様に愛されるよう精進してまいります。
 
(A.H)
 
 
 
228272
201302151341399947.png
携帯サイトのブックマークはこちら

<<株式会社 事務機のサカモト>> 〒668-0055 兵庫県豊岡市昭和町2番56号 TEL:0796-22-5616 FAX:0796-24-3975