サカモトぶっちゃけブログ

 
フォーム
 
はきものをそろえる
2019-10-07
ある日、中学生の娘が学校で配布された学年だよりに、
「靴(はきもの)を揃える」と題し、次の文章があった。
 
 
   哲学者の森信三氏は、
   次の3つだけを9歳までに身につければ、しつけは「すべて」だという。
   
   「しつけの三原則」
   1.朝の挨拶を自分からする
   2.名前を呼ばれたら「はい」と返事する
   3.席を立ったら椅子をしまい、靴を脱いだら揃える
   
   こんなことでしつけが出来るなら苦労はない・・・と思うだろう。
   しかし、この中でも、3つ目の「靴を脱いだら揃える」は、
   特に重要で必須項目である。
   世間ではよく知られていることだが、たった3秒で相手が分かる方法、
   それも、だいたい8割~9割2分は当たっている方法、それは、
   「脱いだ靴を揃えているか、いないか」を見ること。
   
   靴を揃えることに全く意識がない人は、心が乱れているといえ、
   これはほぼ事実。
   さらに、自分の靴だけでなく、他の人の靴も揃えるような人は、
   心の状態がほぼ完ぺきな人だともいえる。
   また、靴のかかとを踏んだまま履いて歩くなどは論外の話。
   
   昔から「靴を揃えると成功する」といわれている。
   その理由は、
   一つ一つのことに、まずはケジメをつける習慣が身につくから。
        (中略)
   靴を揃える習慣が身につくことで、徐々に心も揃っていくので、
   否が応にも成功へと導いてくれることになる。
   これは、何回かの一回、靴を揃えたかどうかの話ではなく、
   常に自分のものとして習慣づけられていて、の話。
 
  
・・・うん、なるほど。
 
わが家の玄関でも、
次女の靴が横を向いていることがある。
私は、娘に、「神様がちゃんと見ているよ」と言って、揃えておく。
 
この「しつけの三原則」は、
決して、子供だけに向けたことではなく
わたしたち社会人にとっても同じことがいえるだろう。
靴の乱れと、人材のレベルは比例するらしい。
 
しかも、
大人になると知恵がついてしまって、
他人が見ている時や、注意されそうな時だけ、靴を揃える人がいたりする。
他人は納得してくれるかもしれない。
さて、自分自身はどうだろう?
 
私は、娘に、「神様がちゃんと見ているよ」と言うが、
でも、本当は、
「一番見られたくない人」に見られていることに気付いてほしい。
それは、「自分」。
他人の前だけちゃんとしていても、自分はそのことを一番よく知っている。
他人に嘘をついたりダマしたりできても、自分には、それができない。
 
まずは、自分の靴を揃えてみよう。
席を立ったら椅子をしまおう。
服を脱いだら片付けよう。
 
 
ほかの誰の目に触れていなくても。
 
 
(A.H)
 
 
 
227964
201302151341399947.png
携帯サイトのブックマークはこちら

<<株式会社 事務機のサカモト>> 〒668-0055 兵庫県豊岡市昭和町2番56号 TEL:0796-22-5616 FAX:0796-24-3975