株式会社 事務機のサカモト|オフィスマシン|ファニチャー|ICTソリューション|社内ネットワーク|測量機器|防犯システム|兵庫県豊岡市

 

サカモトぶっちゃけブログ

 
フォーム
 
選択の日々
2022-01-14
年末年始の休暇中、DVDを大量にレンタルして、
観たかった映画をイッキ見しておりました。
 
「フォルトゥナの瞳」という邦画の、劇中のセリフに、
「人は朝起きてから夜寝るまで9,000回何かを選択している」とありました。
実際のところは、 9,000回どころか、35,000回以上ともいわれています。
 
確かに、
朝、ジリリと目覚ましが鳴った瞬間から、
「起きるか、もう少し寝るか」 に始まって、
「顔を洗うか、トイレに行くか」
「パンにするか、ご飯にするか」 ・・・と、キリがなく。
 
会社に行ってからも、
仕事中、たくさんの選択を迫られ、決定しています。
 
そして、
人の脳は、決定できる回数に、それぞれ上限があるそうです。
上限を超えると、ストレスがたまり、
ストレスにより「ヤケ」を起こし、
やがて、冷静な判断ができなくなります。
 
 
選択回数を減らし、脳に余計なストレスを与えないために
有効な手段としてあげられているのが、「マニュアル」。
あらかじめパターンを決めてあれば、
それに沿って行動することで、選択する必要がなくなります。
 
 
私生活でいうと、
「朝食のメニューは、月水金はパン、火木土はご飯」
「まず、トイレに行ってから顔を洗う」 など。
「マニュアル」というか、「ルーティーン」。
「制服」は、着ていく服を選択しないための有効なアイテムです。
サカモトの事務員は、制服が支給されています。
これは本当に、ありがたい!
 
 
仕事においても、
「○○の場合は○○を行う」
「□□に関しては□□課長が担当」
「△△については、毎月△日に決定する」 など。
マニュアル化は、とても有効な手段です。
 
 
あらかじめ「決定」されているのは、「選ぶ自由がない」とされ、
物事によっては「面白くない」かもしれませんが、
反面、「決定」する必要がなくなることで、
ストレス軽減、時間短縮、トラブル回避など、とても役に立ちます。
 
また、「マニュアル化するための選択」が過度になると、
ますますストレスにもなりかねますが。
 
 
「理屈じゃわかっているけど・・・」と、現状維持を保ってしまわず、
身近で些細なことから、
気付き、分析し、マニュアル化する“癖”をつけていこう!
 
以上、新しい年の意気込みを綴らせていただきました。
 
 
 
 
 (A.H)
 
 
 
 
244133
201302151341399947.png
携帯サイトのブックマークはこちら

<<株式会社 事務機のサカモト>> 〒668-0055 兵庫県豊岡市昭和町2番56号 TEL:0796-22-5616 FAX:0796-24-3975